神棚に具える榊について 《やさしい神道シリーズ》

こちらではすっきりしない天気が続いていますが、皆さまの所ではいかがでしょうか。

みずみずしい緑がほしい時季ですね。

榊

 

今回は、神棚に具える榊について、お話ししたいと思います。

 

榊(さかき)

神棚には、お米やお塩などのお供え物とともに、榊も飾りたいものです。

「榊」は生命力の強い木ですので、その「気」で清め祓い、エネルギーをいただき、毎日元気ですごしたいですね。

神棚の榊

 《 神棚の榊 》

 榊は、常にみずみずしいものを飾っていたいですから、月に一度か二度、季節にもよりますが、取り替えたいです。

また、榊はツバキ科サカキ属の常緑小高木で元来が温暖な地域の木ですので、秋田など東北以北では自生していないです。
北の地方では、必ずしも榊にこだわらず生命力の強いほかの木でも結構だと思います。

 

榊立て

 

 榊を立て飾るために使う道具でよく見かけるのが、富士山のような形をした末広がりの容器です。

榊立て

水を入れるため、形は多少異なっても陶器製のものがお勧めです。

また、通常は二個一対神棚の左右に立てます。

注連縄

 《 緑色の葉が榊です 》

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、神棚に具える酒器、水器についてお話ししたいと思います。

 

伊豆山神社
http ://www.izu.or.jp

伊豆山の四季
http://izusanfours.blogspot.jp

 

[`evernote` not found]

カテゴリー: やさしい神道シリーズ, 神事   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク