奈良、京都の神社を訪ねて その5 貴船神社

 

 

水の神さまとして知られる京都の貴船神社、鴨川上流の貴船川沿いに奥宮、結社、本宮の三座ありますが、今回はそのうち本宮について紹介させていただきます。

 


 

貴 船 神 社 (きふね じんじゃ)

 

貴船神社 本宮 石段上り口

 《 登り口石段手前の鳥居 》

 

縦帯貴船神社 本宮について

 

貴船神社は、もとは今の奥宮の地に鎮座していましたが、永承元年(1046)の大雨による災害のため社殿が流失し、天喜三年(1955)ここ本宮の地に社殿を造営し、奉遷したそうです。

また、もとの地にも社殿は造営し、奥宮として奉斎しているとのことです。

本宮にお祀りする御祭神は、高龗神(たかおかみ の かみ)です。

水を司る神であり、旱魃のときは雨乞い(降雨)を、雨続きの時は止雨を。
雲を呼び、雨を降らせ、降った雨を地中に蓄え、湧き出させる、陽を招く神として信仰されてきました。

 


 

叡山電鉄 貴船口駅#2

洛北の出町柳駅を出た叡山電車の可愛い車両が、町から山里に移り、貴船川が造り出した谷のあいまをしばらく走ると、やがて貴船口駅です。

 

 

 

叡山電鉄 貴船口駅

出町柳から貴船口までは27分ほどですが、時季によって紅葉の素晴らしい所では徐行運転をして、楽しませてくれます。

 

 

 

 

貴船口駅からの坂道貴船川沿いに2kmの道はずっと上り坂で、歩くと30分ほどかかり大変です。
私が行った時は、連休中ということもあり、貴船口駅から本宮手前まで京都バスの便があり、助かりました。

 

 

 


 

 

 

貴船神社 本宮 石段

《 朱色の灯篭が立つ石段 》

鳥居をくぐると、よく写真で見かける、朱色の灯篭が立ち並ぶ石段が目の前です。

 

貴船神社 本宮 石段#2

 《 石段の上部 》

石段を上ると、神門があり、左手には御神木である大きな桂(かつら)の木が立ちます。

 

貴船神社 本宮 桂の木

 《 桂 》

樹齢およそ400年、高さが30mあり、根元からいくつもの枝が天に向かって伸び、八方に広がっています。

 

貴船神社 本宮 拝殿と本殿

 《 拝殿と本殿 》

「平成の大造営」により平成17年に竣工した社殿です。

 

貴船神社 本宮 拝殿前

 《 拝殿前 》

参拝した日が連休中ということもあって、数十人が並んで待つほど、参拝の人が多かったです。

 

貴船神社 本宮 御神水

《 御神水 》

貴船山の伏流水が拝殿前に湧き出て、とてもやわらかい質感の清水です。

弱アルカリ性の良質な水で、誰でも自由に汲んでいいということで、 持っていたペットボトルに汲み、このあとの道すがら喉を潤しました。

 

貴船神社 本宮 水占い

《 水占い 》

専用のおみくじを浮かべて占うため、御神水が貯められています。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、京都の貴船神社の結社(ゆいしゃ)を訪ねます。

 

(平成26年11月24日 参拝)

*参考

貴船神社 京都市左京区鞍馬貴船町180

http://kifunejinja.jp/index.html

 

 

*注記

神社名、ご祭神名などは、当神社さんの表記を優先させていただいています。

[`evernote` not found]

カテゴリー: 神社を旅する   タグ:   この投稿のパーマリンク