奈良、京都の神社を訪ねて その9 賀茂御祖神社(下鴨神社)の2

 

前回は賀茂御祖(下鴨)神社の糺ノ森、本殿、申餅について紹介させていただましたが、今回は美の神さまを祀る河合神社、みたらし団子のもととなったと言われる御手洗池(みたらしいけ)などについて、紹介させていただきます。

 


 

賀 茂 御 祖 神 社(かも みおや じんじゃ)

 (通称 下鴨神社)

 

 

下鴨神社 河合神社神門

 《 河 合 神 社 入口  》

京阪電車の出町柳駅から下鴨神社に向かい、糺ノ森(ただすのもり)に入ってすぐ、河合(かわい)神社が鎮座します。

 

 

下鴨神社 河合神社 社殿前

《 河 合 神 社 》

秋の柔らかな陽ざしのなか、静かな社殿前です。

 

下鴨神社 鏡絵馬

《 鏡 絵 馬 》

社殿入り口に、鏡絵馬が並びます。
手鏡の形をした鏡絵馬は、丸い部分を顔に見たて、化粧をほどこします。
そして、裏に願い事を書きます。

 


 

縦帯河合神社について

 

賀茂御祖神社(下鴨神社)の摂社で、糺ノ森(ただすのもり)にいだかれるように鎮座します。

ご祭神は、玉依媛命(たまよりひめ の みこと)です。

女性の守護神として敬われ、ことに美の神さまとして古来信仰されています。
また、縁結び、安産、子育にもご利益ありとされます。

絵馬に特徴があり、日本古来の手鏡を形どっている「鏡絵馬」です。

顔の描かれた表面を自分の顔と見立て、自分のメイク道具で願いを込めて化粧します。
化粧品がなくても、クレヨンが用意されています。
そして、裏に願い事を書いて奉納します。


 

 

 

 

鴨長明の庵

《 鴨長明の庵を復元 》

日本三大随筆の一つとされる「方丈記」を著した鴨長明は、ここ河合神社の神職の息子として生まれたことから、晩年にすごしたとされる庵を復元し展示しています。

 

下鴨神社 相生社

 《 相 生 社 》

写真右手が相生社の社殿で、左手に「連理の賢木」(れんりのさかき)があります。

相生社のご祭神は、産霊神(むすひのかみ)と日本書紀にも書かれ、宇宙の生成力を神格化したものとされます。

ことに縁結びに霊験あらたかと、古くから崇拝されています。

 

下鴨神社 連理の賢木

 《 連理の賢木 》

2本の木の幹が途中で1つに繋がっているのが、おわかりでしょうか。

 

下鴨神社 連理の賢木の説明

連理の賢木について、説明書きです。


 

下鴨神社 井上社

《 井 上 社 (御手洗社)》

本殿手前の広場を右手に行くと、湧き水があり、池をなし小川となって流れ出ています。

ここに、井上社、別名 御手洗社(みたらししゃ)が祀られています。

災難、厄除けの神さまで、土用の丑(うし)の日、ここの池に足をつけると病気にならないと言われる「足つけ神事」があります。

また、ここに湧き出る水泡(みなわ)を形どったのが、みたらし団子の始まりとされます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は、信州長野の戸隠神社を紹介させていただきます。

 

(平成26年11月24日 参拝)

*参考

賀茂御祖神社 京都市左京区下鴨泉川町59

http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.html

交通アクセス
電車、バス
東海道新幹線 京都駅下車
京都市営バス 30分「下鴨神社前」下車
京阪電鉄 「出町柳」駅下車 徒歩10分

 

*注記

神社名、ご祭神名などは、当神社さんの表記を優先させていただいています。


 

電子書籍『おとなの神社旅』 刊行しました。

 

電子書籍「おとなの神社旅」

 

こちらで購入できます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00XNMKW28

スマートフォンやタブレットに本書を入れ、神社に出かけてみませんか。
そこで、近くの美味しいお店を探すなど ”モバイル・ブック” として活用できます。
悠久の時が積み重なる神社神域と、先人の知恵がこもった食や温泉を楽しみましょう。

[`evernote` not found]

カテゴリー: 神社を旅する   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク