信州 戸隠を訪ねて その1 戸隠神社 奥社の1

 

前回までは、奈良、京都の神社を紹介させていただましたが、今回からは長野県の戸隠に鎮座する戸隠神社ついて、紹介させていただきます。

 


 

戸 隠 神 社(とがくし じんじゃ)

   奥 社 (おくしゃ)

 

戸隠神社 奥社 入口

《 奥 社 参 道 入口 》

県道の「奥社入口」でバスを降り、参道入口に立つと、この光景です。

向こうに見えるのが戸隠山です。

その麓に、奥社と九頭龍社が鎮座します。

 

戸隠神社 奥社 大鳥居

 《 奥 社 入 口  》

県道から少し下って、沢にかかる橋を渡ると木製の大鳥居が立ちます。

ここから奥社まで、2km、おおよそ40分、緩いですがずっと上り坂の参道です。

 

 

戸隠神社 奥社 参道

《 奥 社 参 道 》

山の春の柔らかな陽ざしのなか、まだ芽吹いてまもない木々のあいだを歩みました。

道の両側を清水が流れ、向こうには、戸隠山が見えます。

 

戸隠神社 奥社 参道脇

《 奥 社 参 道 横 》

参道の脇を流れる清水、そこにミズバショウが咲いていました。

 


 

縦帯戸隠神社について

 

戸隠神社は、戸隠山の麓に鎮座する奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、二千年余りに及ぶ歴史ある神社です。

その起こりは、遠い神世の昔、天照大神が「天の岩屋」に籠もられた際、天手力雄命(あめのたぢからお の みこと)が「天の岩戸」を投げ飛ばし、その岩戸が飛来して、今の姿になったといわれる戸隠山を中心に広く崇敬され、平安時代には修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。

神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。

江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状をいただくとともに、農業、水の神としての性格が強まったそうです。

明治時代に入ると神仏分離令により、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名を変えて現在に至るそうです。

ちなみに、戸隠山は戸隠連峰の一峰で、標高は1,904m。
海底火山由来の火成岩が隆起し、山体を形づくっているそうです。

 


 

 

 

戸隠神社 奥社 隋神門

《 隋神門 》

参道のほぼ中間、15分ほど歩いたところに隋神門があります。

朱塗り茅葺屋根で、中の左右に随身が座ります。

「随神」とは、神を守る者として安置される随身(警護の者)姿の像のことです。

 

 

戸隠神社 奥社参道 杉並木

 《 杉 並 木 》

隋神門を通り、すぐの光景です。

江戸時代初期に植えられた杉で、樹齢400年ほどになります。

 

戸隠神社 奥社参道 杉並木2

 《 杉 並 木 #2 》

杉並木は、数百メートルにわたってつづきます。

 

戸隠神社 奥社参道 石段

しだいに道の傾斜が急になるとともに、やがて石段となります。

その石段を上りきると、次の写真のような景色でした。

 

戸隠神社 戸隠山と奥社

《 戸隠山と新緑に包まれた奥社 》

稜線がギザギザ状で屏風のようになっている山が、戸隠山です。

その麓に、「奥社(おくしゃ)」は鎮座します。
左側、しめ縄のつけられた鳥居の向こう側が奥社の社殿です。

奥社の詳しいことについては、次回にお話しさせていただきます。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回も、信州の戸隠神社を紹介させていただきます。

 

(平成27年5月19〜20日 参拝)

*参考

戸隠神社 長野県長野市戸隠

http://www.togakushi-jinja.jp

交通アクセス
電車、バス
JR北陸新幹線 長野駅 下車
アルピコ交通 バス 戸隠キャンプ場行きで1時間 奥社へは「奥社入口」下車
「戸隠高原フリーきっぷ」が便利です
http://www.alpico.co.jp/access/nagano/

 

 

*注記

神社名、ご祭神名などは、当神社さんの表記を優先させていただいています。


 

電子書籍『おとなの神社旅』 刊行しました。

 

電子書籍「おとなの神社旅」

 

こちらで購入できます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00XNMKW28

スマートフォンやタブレットに本書を入れ、神社に出かけてみませんか。
そこで、近くの美味しいお店を探すなど ”モバイル・ブック” として活用してください。
悠久の時が積み重なる神社神域と、先人の知恵がこもった食や温泉を楽しみましょう。

[`evernote` not found]

カテゴリー: 神社を旅する   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク