信州 戸隠を訪ねて その3 戸隠神社 中社

 

前回、長野県の戸隠に鎮座する「戸隠神社」の「奥社」「九頭龍社」を紹介させていただきましたが、今回は「中社」についてです。

 

 

戸 隠 神 社(とがくし じんじゃ)

   中 社 (ちゅうしゃ)

 

戸隠神社 中社 鳥居前

《 中 社  鳥 居 前 》

戸隠神社の中社入口に立つ鳥居と、その周辺です。

太い木の柱で、大きな鳥居が見事です。

この写真の手前に県道があり、「戸隠中社」という停留所でバスを降りました。

 

戸隠神社 中社 三本杉

 《 三 本 に 分 か れ た 杉  》

鳥居をくぐり、石段を少し上がった所に、この杉が立ちます。

根元は一体ですが、根元から間もないところで三本に分かれて、スーッと空に向かって伸びています。

人の目の高さで幹回りが7mほど、高さは37mで、樹齢は800年と推定されています。

 

戸隠神社 中社 石段

《 社 殿 へ の 石 段 》

上の写真の杉のそばに手水舎があり、そこから百段ちょっと石段を上ると中社社殿です。

石段の上に見えるのが、社殿の屋根です。

 


 

縦帯戸隠神社 中社について

 

戸隠神社は、戸隠山の麓に鎮座する奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなりますが、そのうちの中社には「天八意思兼命(あめの やごころ おもいかね の みこと)」をお祀りします。

遠い神世の昔、天照大神が「天の岩屋」に籠もられた際、岩戸神楽(太々神楽)を考案され、岩戸を開くきっかけを作ったという神さまです。

学業成就、商売繁盛、開運厄除、家内安全にご利益ありと、多くの人が参拝されています。

 


 

戸隠神社 中社 社殿

《 中 社 社 殿 》

周りを戸隠の森に囲まれ、中社が鎮座します。

社殿の天井には、狩野派の絵師、河鍋暁斎によって描かれた「龍の天井絵」が,平成15年に復元されています。

写真には写っていないですが、左手に社務所、授与所があり、御朱印をいただくことができます。

 

 

戸隠神社 中社横の滝

《 社殿横の小さな滝 》

社殿横右手に、小さいですが滝もあります。

写真左下の白いのは、雪です。まだ残っていました。

 

戸隠神社 中社 杉の大木

《 樹齢700年の杉 》

石段を上がってすぐの左手に、樹齢700年と推定される杉の大木があります。

目通りの高さのところで、幹回りが7mほどだそうです。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回も、信州の戸隠神社を紹介させていただきます。

 

(平成27年5月19〜20日 参拝)

*参考

戸隠神社 長野県長野市戸隠

http://www.togakushi-jinja.jp

交通アクセス
電車、バス
JR北陸新幹線 長野駅 下車
アルピコ交通 バス 戸隠キャンプ場行きで1時間 中社へは「戸隠中社」下車
「戸隠高原フリーきっぷ」が便利です
http://www.alpico.co.jp/access/nagano/

 

 

*注記

神社名、ご祭神名などは、当神社さんの表記を優先させていただいています。


 

電子書籍『おとなの神社旅』 刊行しました。

 

電子書籍 「おとなの神社旅」表紙

 

 

こちらで購入できます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00XNMKW28

スマートフォンやタブレットに本書を入れ、神社に出かけてみませんか。
観光協会のURLをクリックすると、そこの地域の食の情報を得ることができ、”MAP” をクリックすると地図ソフトが立ち上がります。
そこで、近くの美味しいお店を探すなど ”モバイル・ブック” として活用してください。

悠久の時が積み重なる神社神域と、先人の知恵がこもった食や温泉を楽しみましょう。

[`evernote` not found]

カテゴリー: 神社を旅する   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク